まつ毛パーマ

「○○を使ったら二重になった!」という話ってよくありますよね。

まつ毛パーマで一重が二重になったという話もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと「二重になる人もいる」

絶対に…というわけではないのですが、まぶたを持ち上げてくれるので、まつ毛パーマで一重が二重になることもあるのです。

もともと二重だったり奥二重で、重たいまぶたが持ち上げられることではっきりわかるようになることもあります。

でも、一重だとしてもまつ毛を根元からしっかり持ち上げると二重になる人もいるんです。

この場合、何度かまつ毛パーマを繰り返すことでクセがつく人もいれば、一度しただけで変わった!という人もいるので、実際してみないとわからないというのが正直なところです。

そもそもこのまつ毛パーマは一般的に

  • ロッドを巻く
  • ビューラーのように挟む

この2つのタイプがあります。

ロッドタイプの方がぱっちりしたまつ毛になりますが、施術者の技術によっては角度がつきすぎて違和感を感じることもあります。

ナチュラルにしたいのであればビューラータイプの方が良いのですが、どちらにも二重になる可能性はあります。

気を付けてほしいのが、まつ毛パーマは自まつ毛に施術します。

短いのが長くなるわけでもないし、本数が増えたり、ボリュームアップするわけではないので、思っていたのと違う…と感じる人もいます。


パーマをかけるんだから、ダメージだってあります。

ただ、根元から持ち上げることで前よりも長く見えるメリットもありますし、カールしているからビューラーも使う必要がなくなるので、ダメージも減らすことができます。

その状態でまつ毛美容液を使えば、たとえ一重でも長いまつ毛でぱっちりした目になります。

毎日何回もビューラーを使っていた人なら、一度でカールが継続できる方がダメージも少なくなるので、切れ毛や抜け毛が当然減りますよね。

まつ毛パーマで一重が二重になったらラッキー!

ならなかったとしても、ビューラーを使わないのでまつ毛へのダメージを減らすことはできます。

キレイなまつ毛を目指したいならまつ毛パーマと美容液の併用がおすすめで、ケアをすればカールが長持ちするのでお互いメリットがあるんです。

また、長持ちさせたいなら、クレンジングやアイメイクにも注意してくださいね。

こすったり触ると長持ちしないので、なるべく触らない=アイラインやマスカラなどまつ毛に当たるアイメイクをなるべくしないほうがいいです。

キレイなまつ毛を目指して、一重でも二重でも素敵な目元を目指しましょう!

→【リバイタラッシュアドバンス計画】 トップへ戻る