自まつ毛 切る

自まつ毛を切るとまつ毛が伸びるなんて噂がありますよね。

たしかに髪の毛は「傷んだ毛先を切ると伸びやすい」なんて話があるので、そう考えるとまつ毛もあり得るような気がします。

でも、残念ながら科学的根拠はありません。

そもそも、体毛には毛周期があり、それぞれの部位によってスピードが違います。

個人差もあるのですが早い人なら30日、遅くても100日くらいほどのサイクルになっています。

成長初期→成長期→退行期→休止期

このうちで、皮膚の中で成長するのが成長初期。

まつ毛が生えてきて、目に見えて成長するのが成長期。

退行期で成長期が止まり、休止期で抜け落ちます。


加齢が原因の場合もありますが、まつ毛が減ってしまったりするのは、ダメージによって休止期以外の時期に毛が抜け落ちているから。

毛周期を考えれば、自まつ毛を切る・切らない関係なく、抜ける時期には抜けますよね。

短くしたのが成長期なら成長するし、退行期なら休止期になったら抜けていくので、単純に考えたら切ったとしても何も変化はありません。

仮にこれが切るのではなく抜いたとしたら?

成長初期になったものが生えてくるだけです。


また、少なくなったまつ毛が生えてくると量が多く感じます。

短くなったまつ毛が生え変わって長くなったとしたら、それが普通の長さとしても以前が短かったので長く感じます。

多くなる・長くなるではなく「感じる」だけの可能性も高いのです。

よく毛を剃ったら濃くなったと言いますが、あれと同じ。

しかも、自まつ毛を切ると伸びるどころか目にホコリや汚れが入ったりするのを守る役目もなくなってしまいます。

そのうえ、切った後にすぐ抜けるものなら良いですが、成長期なら伸びるまで短いままだし、伸びたとしても普通の長さより短い状態です。

そう考えると「自まつ毛を切る」よりも「まつ毛美容液でケアする」方が良いです。

傷んでいたり少なくなってしまったものは、生え変わりを待つしかありません。

まつ毛美容液で栄養をしっかり与えておくことで、今あるものはダメージがあって短く細かったとしても、次に生えてくるまつ毛は栄養たっぷりの状態で育つので、より健康で強いのが生えてきます。

また、まつ毛ケアをするなら、食事やダメージを減らす生活も心がけると、より効果的です。

自まつ毛を切るのも抜くのもNG!

噂に惑わされて切ってしまって、その間をごまかすためにまつエクやつけまつげをしていたら、ダメージを与えることになってしまいます。

毛周期は短いので、まつ毛美容液をしながら育てていきましょう!

>>人気のまつ毛美容液「リバイタラッシュ」最新情報へ