一重や奥二重でもデカ目に変身!アイプチを卒業しよう

一重や奥二重だとデカ目になれないって思っていませんか?

リバイタラッシュ 一重

最近ではアイプチをしている人が多くて、誰が本当の二重かわからなかったり、
みょうに不自然な二重さんもいますよね。
また、みんな目元が同じってことも。
一重や奥二重がコンプレックスで二重に憧れている人も多いかもしれませんが、
モデルや芸能人を見ると一重でも奥二重でも個性があって素敵な人はいっぱいいます。
もともとの目元が素敵だからと思うかもしれませんが、ナチュラルメイクでも
デカ目にする方法があるのです。

アイラインは太さと長さがポイント

アイラインの上手な引き方は雑誌やインターネットにはたくさんありますが、
モデルさんが二重では意味がありません。
一重、奥二重に合った引き方をしないと思うようにデカ目にならないし、腫れぼったくなってしまうんです。

【一重】
ナチュラルに仕上げたい=細めのアイラインと思うかもしれませんが、デカ目にしたいのなら
ラインが見えるくらいしっかり太く目頭・目尻は少し長めに
この2つがポイントです。
また黒目の部分はさらに太めにすることで、目の輪郭が強調されてデカ目になります。
細くしてしまうとアイラインが見えないので、どれくらいの太さが良いのか
いろいろ試してみることをオススメします。
—————————————————————-
【奥二重】
奥二重の場合は、目の奥行きを出すことで目を大きく見せることができるので、
まつ毛の生え際(インサイドライン)に埋め込んでいくことラインは長めにたれ目気味に
この2つがポイントです。
よく慣れてくるとどんどん目尻が長くなってしまっている人もいますが、これはNG!

どちらも、より自然に見せたいなら『ブラウン系』のアイラインがオススメです。

アイシャドウはマットラメ・パールを使い分け

アイシャドウというとラメやパールが多いかもしれませんが、一重や奥二重はマッド系がオススメなのです。
ラメ系はどうしても腫れぼったさを強調させてしまうので、どうしても使いたいのであれば
パール系の光沢のあるタイプを細いちょっとした部分にポイントとして乗せる程度に。
また、色を使うよりナチュラルなブラウン系の方がより自然な印象になります。

最近は自然にグラデーションが作れるアイシャドウも売っているので、初心者さんはこれで覚えると、一重や二重をデカ目にするのも簡単です。

特に重要!絶対に必要なのがマスカラ

目の小ささをカバーしてくれるのに大切なのが「マスカラ」です。
つけまつ毛やまつ毛エクステでも良いですが、マスカラは自分のまつ毛に塗っていくので塗りかたがポイントになります。

ビューラーでしっかりまつ毛を持ち上げること。

まぶたが腫れぼったいと根元までしっかりやりにくいかもしれませんが、
顎をあげて鏡を見下ろすようにして思い切りまつ毛を立たせてマスカラをします。
この時にマスカラはボリュームよりもロングタイプで。

さらに目を大きく見せようと思うなら、下地を使ったり長く多く見せましょう。

ただし!
まつ毛に負担をかけると減ってしまうので、まつげ美容液などでケアをきちんとしてくださいね。

■参考記事・・・「まつげ美容液でまつげが伸びる?」