リバイタラッシュ 色素沈着まつ毛エクステをすると、どうしても自まつ毛に大きな負担となってしまいます。
エクステがついているまつ毛が抜けるタイミングによっては、短く少なくなったと感じることがありますが、実は本当に少なくなったり短くなっている場合もあります。
ダメージを受けてしまうと、切れ毛や抜け毛の原因になり、最悪はエクステもつけられないようになってしまいます。
そうなると、マスカラでもごまかすことができないし、つけまつ毛しか方法がなくなりますが、それではきちんとした解決にはなりません。

まず、まつ毛に何かを着ける時点で負担になっています。

クレンジングやリムーバーなどで取らなければいけないとうだけで、接着剤が強力なのが
わかりますが、使い続ければどうなるか・・・は考えたらわかるでしょう。

そこで、ダメージをうけてしまったまつ毛も、これからダメージを
受けないためにも美容液がオススメなのです。

まつ毛美容液は、今あるまつ毛のダメージ修復だけではなく、ダメージ保護の働きも
あるので、毎日きちんとお手入れをしてあげることが大切です。
できることなら、ダメージが酷いようなら、いったんまつ毛エクステをお休みして美容液を
塗っていくことで、毛周期に合わせて健康なまつ毛が生えていきます。
健康なまつ毛になれば、エクステを減らしたり、持続期間が長くなります。

トラブルに注意!

マツエク リバイタラッシュつけまつ毛のように毎日つけたり外したりしなくて良いし、自然で希望通りのまつ毛になれると人気になったまつ毛エクステですが、最近ではトラブルが急増し、深刻な問題になっています。
自宅でも手軽にできることから、自分で施術している人もいま。
しかし技術の差が大きく、知識がないものがつけると、すぐ外れるだけではなく、目への危険性も高まります。

現在、まつ毛エクステの接着剤にはこれといってきちんとした規則がありません。

また本来は美容師の資格が必要ですが、それさえも守られていなかったり、信頼できないお店もたくさんあるので、注意が必要です。
お金をとって、普通にお店として営業しているのに…と考えると、怖いですよね。
また、簡単にキットも購入できるのでセルフでできてしまうため、お金をかけたくない人や未成年が知識なく施術してしまう…なんてことも。
まぶたが荒れたり、かぶれたりすると、リバイタラッシュを使うことができません。
間違った施術でまつ毛に負担をかけてしまったり、まぶたにトラブルが起きれば、まつ毛がなくなったりすることさえあるので気を付けましょう。
手軽と軽く考えずに、まつ毛エクステを着ける場合には必ず安全性と信頼を確認して施術するようにして下さい。

今人気のまつ毛美容液をご紹介します!≫

まつ毛エクステと併用はできる?|リバイタラッシュアドバイス計画関連ページ

⇒⇒まつげ美容液でまつげが伸びる?
⇒⇒眉毛にも使える?